【新機能追加】 2017年 8月 1日

動きが大きい順にランキング形式で表示します。
これで、どこが一番大きな動きがあったのかがわかるようになります。


■活断層の異常な動きを察知するメールマガジン! 

  活断層周辺の隆起沈降、TOP20
  (サンプル)隆起沈降 http://gnss-xyz.blog.jp/archives/17671574.html

■活断層が動いたことに気がつくメールマガジン!

  活断層を挟む2点間のズレ・伸び縮み、TOP10
  (サンプル)東日本エリア http://gnss-xyz.blog.jp/archives/17671617.html
  (サンプル)西日本エリア http://gnss-xyz.blog.jp/archives/17671660.html
  (サンプル)富士山エリア http://gnss-xyz.blog.jp/archives/17671773.html
 
 
容量がメルマガの規定を超えた関係で、計測ラインの紹介を富士山エリアに集約しました。
なお、富士山エリアにランキングはありません。
 
 
無料購読(登録)は、こちら。(メルマガ配信は、まぐまぐのシステムを利用しています)
 
   活断層の異常な動きを察知するメールマガジン!
   http://www.mag2.com/m/0001672370.html
   活断層が動いたことに気がつくメールマガジン!
   http://www.mag2.com/m/0001641391.html#detailbox
 
 
==========================================
 
あの活断層は、動いていますか?・・・そんな、素朴な疑問に答えます。
 
活断層周辺の動き(2点間の横ズレ・伸び縮み)を国土地理院のGPS電子基準点データを使って解析計算。その全計算結果をメルマガ配信!【購読無料】
 

38観測エリアの計測ライン(1140本)は、今後30年の地震発生確率が5%を超える活断層を中心に設定。神縄・国府津-松田断層/富士川河口断層帯/糸魚川-静岡構造線活断層/中央構造線断層帯など。 観測状況によっては、高精度な計算結果にならない場合があります。あらかじめご承知の上、ご購読をお願い致します。

==========================================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
活断層の異常な動きを察知するメールマガジン!  ※活断層周辺の隆起沈降
活断層が動いたことに気がつくメールマガジン!  ※活断層を挟む2点間のズレ・伸び縮み
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

国土地理院から電子基準点日々の座標値(R3速報値)を元データとして、毎月20日の24時間データを使用。今月の20日と先月の20日の計測値を比較して、およそ1ヶ月間におけるズレ・伸び縮み・隆起沈降を計算しています。特別なソフトウェアを使用しているわけもはなく、一般に流通している表計算ソフト「エクセル」だけで計算をしています。日々の座標値の取り込みも、ひとひとつを国土地理院のサーバから手作業で行っています。
 
日々の座標値は、国土地理院に登録すれば、誰でも無料で入手が可能です。三角関数の知識・電子基準点データ(日々の座標値)とエクセルが使えれば、誰でも計算ができて、みな同じ答えになるはずです。
 

そんな誰でもできる計算をメルマガで配信することに意味があるのかと言われれば、”微妙”な感じもします。ただ、これだけの点数や計測ラインの計算を”毎月”行うのは、それなりに大変で、相応な時間がかかります。活断層の動きが気になりながら、自分で計算を行うのは面倒だと思いつつ、この大変な作業の手間に価値を見つけていただけると、このメルマガを購読して頂けることに意味を持たせることができるのかなと思っています。

メルマガを始めたころは、電子基準点の観測データをGNSS測量計算プログラムに入れて計算をしていました。最初は、慣れないこともあって、1エリアの計算に2~3日かかっていました。こんなに多くのエリアを計算できるようになったのは、国土地理院が日々の座標値(R3速報値)を提供してくれるようになったからです。ただ、それにともなって、計測エリアを一気に38エリアまで増やしたので、今でもかなりの時間(日数)をつかっております。
 
それでも僕は、活断層の動きが気になってしまっていて、毎月、手間と時間を使ったとしても、計算結果(活断層の動き)を知りたい、、、と、そんな感じですね。
 
これは、「活断層の動きが気になる方の知的好奇心を満たすメルマガ」なんだろうなと思っています。


■活断層が動いたことを察知するメールマガジン!
【察知するメルマガ】(無料)
http://www.mag2.com/m/0001672370.html
※活断層周辺の隆起沈降
※活断層周辺に設定した電子基準点(単点)の隆
起沈降量を計測する。
※計測点数=約340カ所
 >北から南へ、個別エリアの順番を並び替え
※配信数=1本(1ヶ月)
※活断層分析から、活断層変位に変更
※毎月、1日に配信
 
リニューアル・サンプル
 隆起沈降調査
 http://gnss-xyz.blog.jp/archives/17671574.html


■活断層が動いたことに気がつくメールマガジン!
【気がつくメルマガ】(無料)
http://www.mag2.com/m/0001641391.html
※活断層を挟む2点間のズレ・歪み・伸び縮み
※活断層周辺に設定した電子基準点2点間の距離
・高さの差を計測する。
※計測ライン数1140本(最大合計)
 >北から南へ、個別エリアの順番を並び替え
※配信数=3本(1ヶ月)
 >約40本から3本へ、大幅に削減
 >東日本・西日本・富士山の3エリアで3本
 >東と西の境界は、フォッサマグナ(糸静線)
※毎月、2日・3日・4日に配信
 
リニューアル・サンプル
 東日本エリア
 http://gnss-xyz.blog.jp/archives/17671617.html
 西日本エリア
 http://gnss-xyz.blog.jp/archives/17671660.html
 富士山エリア
 http://gnss-xyz.blog.jp/archives/17671773.html

==========================================




P01_gnss-xyz